COUNTER

499396

INTERNATIONAL EXCHANGE COUNTER

※SGH指定後の国際交流の状況

〇DEPARTURE 578名
※海外研修などに参加した生徒の数
アメリカロシアオーストラリアタイ中国韓国デンマークミャンマーベトナムフィリピンカンボジアインドネシアタンザニアイギリスベラルーシカナダニュージーランド


〇ARRIVAL   74名
※受け入れた留学生等の数
ミャンマーカナダタイモンゴルデンマークインドアメリカカンボジア
 

緊急のお知らせ

 

 

新着情報

 

日誌

Akebi diary >> 記事詳細

2020/06/12

オンライン進路座談会

| by 登別明日HP担当

 今回のオンライン進路座談会は、将来看護を希望する生徒対象の第1回目で、北海道医療大学看護福祉学部看護学科4年生鎌田諒さんを講師に迎え開催しました。4年生の大学を志望した理由や高校時の受験に向けての勉強の取組、大学の様子等を説明していただきました。

Q&A Q 北海道医療大学を志望した理由を教えてください。
          A 保健師になることを志望し、4年間で保健師の資格を取得できる北海道医療大学を第1志望にしました。

            Q 高校時代、受験に向けてどのような勉強をしましたか。
            A    数学が苦手だったので、数学の基礎をしっかり勉強しました。また、看護の時事問題などの新聞記事を切り取り、自分の考えをまとめました。
            小論文も、坂根先生にたくさん添削していただきました。
            すきまの時間を大切にして、勉強しました。          
           Q 実習はどこで行っているのですか。また実習は大変ですか。
           A 付属の病院での実習はほとんどなく、通学可能な札幌市内の病院での実習になりました。朝6時に自宅を出て、17時頃に終わり自宅に帰ってから一度
     睡眠し、23時頃起きて朝までレポートをまとめたりしていました。とても大変ですね。
 


13:41 | 投票する | 投票数(2)